26歳カブトムシOLから母親へ ~妊娠日記~

26歳港区在勤港区在住OLです。メニエール病と診断されて休職までしましたが、異動したとたんに完治して、更に妊娠が発覚しました。これからは妊娠記録として書きます。

【茶道】心の癒し

2017年1月から、自宅のすぐそば表千家の茶道教室に通っています。

始めて1年が経ち、簡単なお作法は習得することができました。

今日も家でお茶を点てて飲みました。

f:id:rinananana27:20180119105009j:plain

茶道について少し書きます。

 

 

【茶道を始めたきっかけ】

・単純に「日本の文化を知りたい」と思ったから

・日本の文化を何も知らない自分が恥ずかしく思ったから

→大学4年生のときにシアトルの日米協会というところでインターンシップを経験した際に、

「日本人なのに(しかも10年以上女子校育ちなのに)自分でお着物も着られないし、お茶も点てられないし、お習字もできないなんて恥ずかしいでしょっ!」

と冗談ぽく上司に言われてしまったことがあります。

 

 

【茶道の良いところ】

・始めやすいところ

「お菓子が好き」「食べることが好き」

みたいな気持ちだけあれば気軽に始められます。

実際にお稽古を始める際には、「袱紗(ふくさ)」という布や扇子が必要にはなってきますが、一万円ほどあれば購入できます。

 

・和の心を習得できる

→茶室には、「掛け軸」「お花」「お茶碗などのお道具」など色々なものがあります。

お習字・華道・古語・陶器などについても、すべて学ぶことができます。

また、お着物にも興味を持つようになりました。

 

・癒しの空間

→仕事で疲れても、落ち着いた茶室の空間の中で、おいしいお菓子と熱くて甘苦いお茶を飲むとリフレッシュできます。

 

 

【茶道とわたし】

・もっともっと日本の和の心を習得して、30歳までには自分でお着物を着られるようになって、

いつかは日本中の人々、またさらに広げて世界の人々に和の心で何かを伝えられる人になりたいです。

いまの漠然とした夢です。

 

 

わたしの癒しは茶道です。

興味を持って長く続けていきたいです。