26歳カブトムシOLの日々 〜人生いろいろ悩めるぜ〜

26歳既婚港区在勤港区在住OLです。メニエール病と診断されて休職中。カブトムシのエサみたいなゼリー状の薬飲んで治療してます。資産形成のために30万円分仮想通貨買いましたが暴落しました(笑)

社内ニートの過ごし方

職場復帰後…仕事がない!!!笑

メニエール病で2週間も休んでしまった! 

 → 自身の案件はなくなりました

・定時に帰らなければならない! 

 → 調整や時間がかかりすぎる仕事はできない

・さらにインフルエンザで休んでしまった! 

 →  もうあきらめられた?

メニエール病の再発は怖いから精神的にもリラックスすることが大事。
おそらく上長や周りの人は「毎日会社に行くだけでいい」と思って下さっているのであろう‥(と信じたい)。

しかし!社内ニートってつらい!
やることないのに何となくネットサーフィンもしにくいし、

周りの人はみんな忙しそうなのに1人だけ何のために会社に来ているのか。。。

そんなことを考え始めると、
何のために生きているのか。
みたいな哲学にも発展して鬱になりそうw
 
 
ということでこの記事を書いて自分の心和らげる作戦。
社内ニートの過ごし方をご紹介します。
 
<1>転職活動
職場にストレスを感じすぎて体調を崩しました。
いろいろ考えているうちに、環境不満だけではなく、自分自身の将来のために前向きに転職したいという気持ちになりました。
そこで毎日これまでの会社での日々を思い出して、エピソードをメールにメモしています。
もし実際に転職をしなかったとしても、これまでの仕事から考えたことを思い返したり、将来どんな自分になりたいかと考える時間は非常に貴重だと思います。
 
<2>散歩
社内をめちゃめちゃ歩きまわりますwww
することないのに座ってるだけなのは非常にしんどいし眠くなるため、社内をひたすら放浪w
行ったことのないフロアの面白い施設を開拓するのも楽しいです。
そして階段の上り下りはカロリーも消費出来て筋肉も生成できますw
 
<3>ブログを書く
メールにブログを書いています。
「あんなこともあったなあ。あの日があったからいまの輝くわたしがいるんだ。あのとき勇気をもって環境を変えて良かった。」といつか思える日が来るように、いまの苦痛も記録に残します。
 
 
ふーーーーー。
しかし1日8時間会社にいるのはまじで苦痛。
死にたいとも思う。
 
何のために生きているのか。(あーぁ、これ考えちゃだめ!笑)

【読書記録】LEAN IN 〜女性、仕事、リーダーへの意欲〜

インフルエンザ発症から3日間はほぼ飲み食いもできないままに寝たきり状態でした。

思えば今年になって半分以上の日数をただ寝ただけの状態で過ごしているような気がします。

 

4日目にしてようやく意識がしっかりしてきて、

FacebookのCOOであるシュリル・サンドバーグさんという女性が書いた

「LEAN IN」という本を読み終えました。

 f:id:rinananana27:20180218205211j:image

 

 

素晴らしい本に出逢えました。

仕事が好きで働いている女性全員を応援する本です。

夢のためにマカオに一人で駐在して1年以上頑張っている尊敬しているわたしの友人(女性)は、この本を3回読んだと言ってました。

 

◇感想まとめ◇

存在してもいない子供のことを想像して仕事(キャリア)を諦めるのは間違いだと気付かされた

 

・「18ヶ月後にどうなりたいのか」、「将来どうなっていたいか」をよく自分と向き合って考えるべき

    →きちんとしたキャリア・スキルを磨くために転職など変化を起こすのであれば、今年が最後のチャンスであると考えているため、挑戦したい思いが強まりました

 

・本にも「家族の助けが大事」と書いてあったが、その点で言えば自分には何も怖いことはないと思った

    →「自分がしたいように、楽しく働ける環境を選べばいい」と言って、家事も率先してやってくれる夫は本当に偉大だと思うし感謝しています

 

・女性はもっと自信持ってがつがつしてもいいのかも

   →もっと欲持って仕事するべきだと思いました

 

・仕事や子育て・将来に悩む女性にはもちろん、男性にも読んでもらいたい本

   →職場に男女性別を持ち込むな

そしてハラスメントやめろ

 

以上です。 

 

 

【メニエール病】職場復帰その後、更なる悲劇

職場に復帰して1週間…

 

通院のため聴力検査をすると、

左耳の聴力が衰えていました。さらに右耳も衰えていました。

ストレスコントロールがうまくできていないとのことです。

※もともと耳が悪いわけではないらしい。笑

 

職場ではエスカレーターをのぼって廊下に着くと、廊下がややぐるぐる回っています。

さらにデスクに座っているとやや頭の後ろの方が痛い。

 

↑職場復帰してから1週間後に書いて保存していた記事です。

 

さらにここからが悲劇!!!

 

喉が痛み始め………

翌朝には38度の熱。次第に39.4度まで上昇しました。

 

関節が痛く、筋肉痛にもなり、咳が止まらず、

寝ている間も自分が唸っているのを感じる。。。

 

そう、インフルエンザになったのです!

また会社に行けないwww(でも実はちょっと安心してるw)

 

もう免疫力が皆無!

わたしはどうなってしまったのか。

 

友人の結婚式さえも思い切り楽しめないし、

体調不良を原因に予定をキャンセルすることになるかもしれないからお誘いいただいても行くって答えるのも怖いし、

お酒もあんまり飲めないし、世の中はぐるぐるするし、インフルエンザにもなるし、

 

健康になりたい。 

 

【職場復帰】明日から仕事戻ります

いよいよ明日2/5(月)から職場に復帰します。

約2週間お休みをいただいて、病気を治すことができましたし、人生の棚卸をすることができました。

支えてくれた家族への感謝は忘れません。

 

休みの間考えたことをメモしておきます。

 

・仕事でやりたいことが少し見えてきた

→時間もあるしいい機会だと思って、転職を視野に入れて活動しました。

3人のエージェントと話す中で、もっと自信を持てる“専門的なスキル”を身に付けたいと思いました。分析力を上げるとか、企画力を磨くとか…。

国家公務員になるのも1つだと思って塾へ話を聞きに行きました。勉強が嫌いなわたしがなるのは難しいとは思いますが、国家公務員一般職ならある分野に特化した専門性を身に付けられるから、目指しているものと似ています。

あとは3人〜30人しかいないベンチャー企業も見ました。ベンチャーの方がスキルが身につくと思ったからです。でもゼロからのスタートはリスクすぎるからやめます。あとはおそらく心の余裕がなくなってどんどん自分が追い込まれるような気がする。ある程度安定した安心感持って働ける職場を見つけます。

明日から復職して働く中でも、スキル向上を意識していきます。

これからも転職活動は続けて行くので、良いご縁があるといいです。

 

・“好きなことを仕事にする”ことについて

→わたしはスポーツが好きです。まだ26歳なのだから、挑戦しないのは勿体無いと思い、スポーツを仕事にすることも考えました。

あるスポーツのトップの方にお会いしてお話を伺いました。本当にかっこよくてファンになってしまいました。素晴らしい方でした。

「仕事でなにが楽しいですか?」という質問に対しては、「ピッチに立てることが嬉しい」と答えてくださいました。

実際の仕事は、スポーツの派手な感じとは真逆で地味で泥臭くて、オフィスも小さくて汚いと言われました。それでもそのスポーツを愛する真っ直ぐな気持ちが伝わりました。

わたしにはもう少し覚悟が必要です。いまはまだ不安がありすぎる。まずは英語の勉強など、できることからやってみます。

 

 ・病気の人の気持ちを忘れない
→病気はなった人にしか苦しみがわかりません。怪我ならば目に見えるけれど、病気は目に見えない。
病気で苦しむ方はたくさんいます。今回のことを通して、“理解する心”を養えました。もっと人に優しくなりたいです。

 

 

たくさん読書も睡眠もできて、本当に有意義な時間を過ごしました。

2/3は友人と「恵方巻きの会」を開いてお酒もたくさん飲めました!

f:id:rinananana27:20180204234723j:image 

明日からは無理せずストレスを溜め込まずやっていきます!

【メニエール病】さらばカブトムシゼリー

朗報です!

病気が発覚して約10日が経過しました。

体調がほぼ回復しました!

 

先週再度通院した結果、ややめまいが残っており、左耳の聴力が全く戻っていませんでした。

そこでステロイドの薬と“カブトムシゼリー”を追加してもらい飲み続けた結果、

聴力も回復しました!!!

 

良くなったため、カブトムシゼリーはもう終了です!

カブトムシOLじゃなくなっちゃう(笑)

(参考)カブトムシゼリー

f:id:rinananana27:20180130123001j:plain

ちなみに聴力だけ100%回復ではないため、また2週間後に通院することになっています。 

でも無事に復職可能の診断書もいただいて、本日職場の産業医の方と復職について面談をしました。

次回上長・人事・産業医と四者面談をしてから、復職となるそうです。手厚い。

 

約10日でメニエール病をほぼ治すことができました。

長引く病気とも言われているので、また疲れたときに耳鳴りがしたりめまいがしたりする可能性もありますが、病名がハッキリしているためもう恐怖はありません。

 

 

治すことが出来た理由は下記の3つです。

1.ストレスがない環境

→1週間以上休職して、仕事から離れました。

とにかく睡眠を取り、家で静養する中で、お花を飾ったりお茶を点てたりしてリラックスすることを心がけました。

 

2.鍼治療

→個人差はあるかと思いますが、わたしにはかなり効果があったように思います。

鍼治療に行った後は、頭痛が解消されました。

 

3.適度な運動

→医師にも有酸素運動”が良いと聞きました。

そこでめまいが落ち着いてからは、3回ほどホットヨガに行きました。

ポーズを取ったり、激しかったりするものではなく、リンパの流れを良くするものや、ピラティスに行って無理なく汗を流しました。

 

ちなみにわたしは美温というところに行っていますが、ライザップも気になる(笑)

  

今週末か来週から職場復帰になりそうです。

復職してからも溜め込まずストレスを適度に発散する環境を作って、再発しないように心がけます。

 

休職は人生を見つめ直す良い時間になりました。

自分への記録のために、ブログにも残して行きたいです。

 

 

〜追記〜

【悲報】1月の医療費54,560円を超えました。

薬代が未反映であるため、実際もう少しかかっております。

f:id:rinananana27:20180130165831j:plain

 

健康第一ですね。。。

【仮想通貨】億り人になってやってみたいこと

※この記事は仮想通貨に関する情報ではないので興味のない方はスルーしてください。

 

“億り人”、やっぱりなりたい。

2018年1月から仮想通貨を手にした出川組のカブトムシOLりなひです。

現在10万円の含み損状態ですが、夢を抱いてまだ手放さないために記事を書かせていただきます。 

(もちろんいまさら億り人になれないことはわかってます。。笑)

 

億り人になったら、ビルを買って複合施設を作りたい!

作りたい施設は二つあります。

 

1.「癒しの複合施設」を作りたい!

ヨガ・茶道・お花・ベット・温泉などが全部一つにまとまった複合施設を作りたいです。

ターゲットは働く人・外国人観光客・病気や怪我の方などを想定します。

 

わたしは仕事のストレスからメニエール病になりました。

医師からも休職するように診断していただいたため、仕事を忘れて癒しを追求し続けました。

家でお抹茶を点てたり、お花を生けてみたり、ゆっくりお風呂に浸かったり…。

すると疲れはすぐに取れて、体調も良くなりました。体温も上がって健康に近づきました。

 

私たちはもっと日常に癒しが必要だと思います。

だから、癒しを一つにまとめて選択肢を広げて、気軽に行ける施設を作りたいです。

 

働く人仕事のお昼休みに30分だけヨガをしたり、ベットで仮眠ができたら午後スッキリ仕事ができると思います。

 

外国人観光客の方には日本の癒しを伝えたいです。

日本の文化に興味を持っている外国人の方はたくさんいるのに、どうも「茶道」ってハードルが高い。

だから作法もなにも気にせず、おいしいお菓子とお茶だけ飲めばオッケーなティースタンドを作りたいです。

 

そしてお茶は身体と心にもいいので、病気や怪我の方にも飲んでいただきたい。

最近では介護福祉士の方がお茶を習うことも増えているようです。

 

 

2.まるで海外旅行に行ったかのような、世界の人々やレストランが集結する施設を作りたい!

外国旅行は時間もお金もかかるためハードルが高いです。

でも外国人をたくさん雇って、外国の料理や飲み物を集めれば、海外旅行に行ったような気分になれると思います。

トルコ料理・ロシア料理・キューバ料理など、なかなか普段食べることのない料理のレストランを集めたいです。

 

また、英語を始めとした外国語を話したいのに機会がない方がたくさんいます。

外国人留学生や旅行者の方は逆に、日本語を話したいのに機会がないことが多くあります。

地下にはクラブやバーを入れたら、異文化交流が広がると思います。

 

 

“あったらいいな”を実現したい!

「タクシーの相乗りアプリがあったらいいのに。だから作りたい。」とずっと思っていました。

しかし今朝、相乗りアプリが海外では普及されつつあって、日本でも実装され始めているという記事を読みました。

やはり実現しようとすることに間違いはないと思いました。

 

 “あったらいいな”と思うことは日常に多くあります。

それを実現させて、人々が幸せになれるものを作るのが夢です。

だから億り人になったら、複合施設を作りたい。

 

そんな夢を抱きながら、大暴落にも負けず、仮想通貨を楽しみます! 

 

------------------------------------------------------

そんな仮想通貨は下記に登録して購入できます。

↓コインチェック(出川哲朗) ↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【メニエール病】病気になってわかったこと

メニエール病と発覚して約1週間が経過しました。

療養・薬・鍼治療などの効果あってか、めまいも頭痛も耳の痛みもほとんどなく、普通の生活を送れるようになりました。

寝つきは悪いのですが…。

職場を1週間以上休んでいますが、来週にも復帰できそうです。

 

落ち着いて物事を考えられるようになったいま、病気になって気づいたことや考えたことを記録しようと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  •  病気になったら休むことは怠けるということではない。休むことがその人の仕事である。

メニエール病と診断を受ける前は、激しいめまいと頭痛を持ちながらどうにか1週間ほど仕事を頑張っていました。

「このまま倒れてしまうのではないか」、「考えることができなくなってしまうのではないか」などの大きな不安を抱きながらやっていたこともあり、涙を流しながら働いていました。

あまりに涙が止まらないため、お手洗いにこもって目を腫らして大泣きもしました。

職場であんなに泣いたのは初めてで、同僚の方にも見られてとても驚かれました。

 

メニエール病と発覚して自宅療養をしてからは、日に日に体調が良くなっていくのが実感できて、非常に安心しました。

身体が良くなると恐怖心から解放されて、心も落ち着いていられるようになりました。

あのまま仕事を続けていたら、心身共にだめになっていたかもしれません。

 

  • 病気は家族の愛で治す

「病気は家族の愛で治すものよ。」と母が言ってくれました。

 今回お医者さんを始め、たくさんの方々がわたしを救ってくれました。

中でも【家族の力】がとても大きかったです。

 

朝早くから夜遅くまで仕事をしてクタクタなのに、洗濯物や掃除を積極的にやってくれる旦那さん

わたしには、「休むことが仕事だ。」と言って安心して休ませてくれました。

 

病院を探して、病名がわかるまでいくつもハシゴして付き添ってくれた母親

心が少しでも晴れるようにお花を買ってくれたり、食欲がないからとおいしいものを食べさせてくれました。

 

お姑さんもわたしの心に寄り添ってくれました。

 

理解してくれる人がたくさんいるということは、本当に心強かったです。

もし今後周りに病気になった方が現れたら、理解者になって少しでも力になりたいです。

 

  • サラリーマンであれば、会社の制度は利用するべき

わたしは従業員2万人の大企業で働いています。

 

仕事休む前は、「会社なんて辞めてやる!」「毎日決められた時間から決められた時間まで仕事して消耗して、ばかみたい。」と思っていたことも多々あります。

けれど、サラリーマンだから安心して休めました。

有給は使えるし、仕事での代わりはいるから、心身を消耗して壊すまで無理に働く必要はありません。

人生の代わりはいないのだから健康が一番!

休んだら穴を開けてしまうことになりますが、治ったら返していけばきっと大丈夫。

 

ちょっと頑張りすぎていた気がします。

もっと気楽にいこう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今日は1週間ぶりに診察に行ってきます。

おそらく聴力も戻ってきたのではないでしょうか。

職場復帰に向けて、準備していこうと思います。